設立満3年の御礼とご案内

本日5月7日、当協会は2019年の設立から満3年を迎えることが出来ました。
 
ここまでの道のりに多大なるご支援、ご尽力を頂いた多くの皆様に心より感謝申し上げます。
 
 
理事長である作曲家・江藤雅樹が協会設立前から音楽を通じて絶えず続けていたサハリン州での交流事業では、現地の方々ともども毎回心に深く残る出来事を頂いていました。
 
2018年には、サハリン州ホルムスク市公演で出会った、壊れて長年放置されたグランドピアノを江藤理事長自ら懸命に修復し、公演は無事成功。
 
それは単にここまでの話で終わらず、その公演に縁した方々と、コロナ禍以降もオンラインで交流を続けながら、日本国内ではそのエピソードをぜひ作品にと声を挙げて頂いた能楽師とともに、江藤理事長が主宰する音楽ユニット「Garjue Lab」で新作能の制作開始。
 
日本の伝統芸能の能楽と、ユニットが奏でる西洋楽器が1つに融合して演奏される、今までにないような作品を長きに渡って創り上げ、リハーサルを重ねて完成。
 
先月、その初演を無事披露することが出来ました。
 
その映像を本日付で公開させて頂きますので、ぜひご覧ください。
 
 
Garjue Labと能楽師・樋口翔による新作能
「ホルムスクに眠るピアノ」
 

 
—————-
 
サハリンの壊れたピアノと日本人ピアニストとの出会い、葛藤、そして友情。
 
主人公は壊れたピアノの精霊。
前半はピアノの孤独、次にピアノを修復しようとするピアニストとの葛藤、そして最後は心が通じ合ったピアノとピアニストの共演と別れを描いています。
 
—————-
 
4年目に入った当協会は、これからも国内外にかかわらず社会に根付く様々な差異や壁を超え、相互理解を培っていく取り組みを行ってまいります。
 
本日からも、ぜひとも皆様から温かいご支援の程、何卒よろしくお願いいたします!

このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。

前の記事

コンサート出演情報